サスティナブルとは?今日から行える取り組みもご紹介

サスティナブルとは? キーワード

現在私たちは様々な問題を抱えています。環境問題では温暖化、海洋プラスチックゴミ、エネルギー問題、災害など、昨今では誰もが感じていることではないでしょうか。

そして人々の問題では、貧困や格差、差別などの問題も抱えています。

こうした問題を見過ごしていると、いずれ私たち人類は滅び、地球自体なくなってしまうかもしれないという危機が迫っています。

そこで注目されているのがサスティナブル(持続可能な)という言葉です。

サスティナブルの語源

サスティナブルは英語でSustainableと表記しますが、「持続する」という意味のsustain(サステイン)と、「〜できる」という意味のable(エイブル)が組み合わさることで、sustainableという言葉が生まれました。

ちなみにsustainableは形容詞です。名詞にするとsustainability(サスティナビリティ)で、「持続可能性」と訳されることが一般的です。

サスティナブルと切り離せないビジネス

サスティナブルと聞くと、ボランティアや慈善活動など、無償で良いことをするといったことや、地球に優しい活動・生活をする、とイメージする人も多いのではないでしょうか?

しかしサスティナブルという言葉には、「ビジネス」の要素が多く含まれています。

その意味を紐解くため、サスティナブルという言葉が注目され始めた1987年まで遡ります。

1987年に、環境と開発に関する世界委員会は、「Our Common Future」という報告書を公表しました。その中心的な考え方として、「将来の世代の欲求を満たしつつ、現在の世代の欲求も満足させるような開発」という概念が打ち出されました。

つまり、「環境を配慮しながらも開発を進める」という、相反するように見えるものを同時に満たしていくという考え方なのです。

この「開発」という部分は、大きく捉えると「経済活動」を指していると考えられます。

サスティナブルな活動例

現在サスティナブルな活動を掲げている企業は非常に多く存在しますが、ここではユニクロを例にあげます。

ユニクロでは主に、

①プラネット(Planet)

②ピープル(People)

③コミュニティ(Community)

という3つの軸でサステイナブルな活動に取り組んでいると公表しています。

例えばプラネットという軸では、工場で使用する水を極力減らし、使用した水は再生可能水にしてまた利用するという例を挙げています。そして、太陽光発電などの地球に優しいエネルギーを利用しているそうです。衣類を乾かす際には自然乾燥を行えるようにし、なるべくエネルギーを使わない工夫も。

ユニクロ サステナビリティ DENIM 2019

このように、従来通り経済活動は行いつつ、しっかりと地球や人に優しい取り組みをしているということを打ち出しているんですね。

消費者が行えるサスティナブルな取り組み

個人が行えるサスティナブルな取り組みは様々あると思いますが、今回は「経済活動」という軸の中でお話させていただければと思います。

先ほどご紹介したユニクロは、なぜサスティナブルな取り組みを行い、かつそれをアピールしているのでしょうか?

もちろん消費者に商品を購入して欲しいからです。

一見サスティナブルと購買は結びつかないような気がしますが、私たち消費者が行えるサスティナブルな取り組みは、「購入」という行動なのです。

つまり、サスティナブルな取り組みをしていない企業からはものを購入しないという行動を起こすことができ、人や地球に優しい取り組みを行っている企業のものを購入するという選択をすることができるのです。

そうした消費者が増えれば増えるほど、企業はサスティナブルな取り組みを行わなければならなくなり、集まった収益でさらにサスティナブルな取り組みをするというサイクルが生まれるのです。

私たちはものを購入するときに、販売している企業がどのような取り組みをしているのか知り、そして判断するという重要な決定を日々しているのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました